キアシナガバチと拡(ひろむ)

将来の隣人との境界争いを未然に防ぐために土地の境界確定図を作成することも、土地つき一戸建てを売る際にはよくあります。売却の必須要件とは言えないまでも、土地価格が高騰している現在では、わずかな差もけして安いものではありませんから、しておくべきことはしておこうと考える人は多いようです。土地面積にもよりますが、測量や土地境界確定図作成などにかかる費用の相場は30万円ほどです。費用は売り主の出費となりますが、リスクが避けられるので買手はつきやすいです。最近、自宅を売る理由としてよく耳にするのが、利便性の高い都会のマンションへの転居です。買物の便利さもさることながら、公共交通も発達していて、医療サービスも充実している点が大きなメリットといえます。最初は広さやゆとりで郊外を選んだ人でも、病院、市役所、ショッピングと用事があるたびに車を使わなければいけませんし、漠然と不安に思う方がいるのは当然かもしれません。よほど専門的な知識がない限り、家を売ろうと思ったら仲介業者を見つけて家の価値を評価してもらい、販売価格を決めて媒介契約を結びます。早ければ3日、遅くても一週間とかからないでしょう。内覧やオープンハウスを経て買い手がつく時期ですが、物件次第、価格次第で早くも遅くもなるでしょう。ただ不動産取引の場合、法律の規定で不動産業者と結んだ媒介契約は3ヶ月たつと効力がなくなりますから、再契約はできるものの、その期間がプロモーションの目安になるでしょう。初歩的なことですけれども、その住宅の所有名義人の了解がないと、不動産売買は成立しません。共同所有として複数の名義人が存在するのなら、共同で所有している全ての人の同意が必要です。すでに亡くなった人が所有していた不動産については、肝心の同意が得られないのですから、一言で言えば「売却不能」の状況になります。相続による登記変更の手続きを行い、そのあと全員の許可を貰ってようやく売却が可能になります。これから家を売ると決めたら、物件の売出価格を判断するために不動産会社に現状査定を依頼するものですが、その評価を左右するのが建物の建築年数でしょう。よほど希少性が高いとか人気地区ならいざ知らず、築年数が10年、20年ともなれば建物の値段は一気に落ちていくという現実があります。一戸建ての場合は土地と建物の合計価格になりますが、建物が古くなればなるほど資産価値はゼロに近づき、土地代のみといった売値になってしまうことも実際にあるのです。満足できる取引にするために、家の売買を安心して任せられる不動産業者を見つけましょう。地域密着で営業力の強い会社もあれば、大手なのにマンションは不得意な会社もあり、売却価格で1割以上も差がつくケースもあるからです。ウェブ上には多くの不動産会社に一気に査定を依頼可能なサイトがあり、地域密着型から全国的大手まで様々な業者が参加しているので、そこで複数の業者を選んで見積りを依頼して、もっとも頼りになりそうな業者に依頼するのが良いです。インフレや地価上昇を考慮しない限り、新築不動産というのは出来上がって3年目頃を皮切りに10年目くらいまでは売値は少しずつ下がります。ただ、この下り傾向は10年目までで、11年目以降というのは下げ止まりのような感じで価格は横ばいになります。自宅の買換えや売却に伴う税制上の恩恵が受けられる条件も、所有期間が10年超となっていますから、住宅を売却ないし買い替えるなら築10年を超えたあたりがベストと考えられます。珍しいことですが、家を売るときに買い手がすぐについて、退去日まで時間がほとんどないなんてケースもあります。最後の思い出をドタバタにしないためにも、買い手がつく以前から積極的に荷物の整理をしておくと良いでしょう。居住中で売り出すつもりなら、これだけは暮らしに必要というものだけ出しておき、使わない品や不用品を分けて、箱詰めしたり、資源回収に出したりすると、荷物も減らせるので転居先でもすっきり生活できます。建物や土地など不動産全般に課せられている税を固定資産税および都市計画税と言います。不動産を所有している人すべてが毎年支払う義務があります。この場合、所有者というのは1月1日時点の所有者を指します。例えばその日よりも前に売買契約をしたとしても1月1日時点で登記簿の名義が新しい所有者になっていなければ、売主側に固定資産税を納税する義務があります。購入者が納税義務を負うのは所有者を新しい所有者に移転した次年からになります。時期によってはちょっと不公平かもしれませんね。家を売ろうにも、建ててから25年を過ぎると、内覧希望者ですらなかなか来ないのが現実です。目につきやすい部分をリフォームするなど、明るく魅力ある家にしたほうが売りやすいでしょう。それから、立地条件にもよりますが、建物を解体して土地だけにすると案外早く売れるようです。買い手がいないのに解体費を払うのが不安であれば、通常の家と土地の価格より安価な価格設定をすることで、買主側はリフォームなり建て替えるなり選ぶことができます。家を売却する流れというと、簡単にいうと8つの段階に分けられます。手始めに類似物件の価格を調べ、自分の中で売値を仮設定します。不動産仲介会社はネット情報などを参照して選びます。住宅の査定はプロに任せ、売り手は査定額の妥当性を評価しましょう。査定に納得したら媒介契約です。契約した物件はネットに登録され、広告にも掲載されます。めでたく買い手がつくと価格交渉や諸条件等の確認を行います。話がまとまれば正式に売買契約を交わし、住宅の引渡しと代金の支払いが済めば、不動産取引はおしまいです。債務の担保になっている不動産物件の売却は出来るものなのかというと、現状で売買することも、所有者の登記変更もできることはできます。とはいっても、抵当権を設定する原因となった借入を行った方がきちんと借金を完済してくれなければ、抵当権が設定されている部分はそっくり競売に出され、第三者の所有する物となり、住人は退去しなければいけません。抵当権が設定されている家はこのように訳あり(難あり)な存在なので、実質上「売れない物件」となってしまうでしょう。更地ではなく家を売る時には通常、売却に関するすべての作業が終わるまでに最速でも4ヶ月、大抵半年ほどはかかります。通常より短い期間で売却して現金にしたいなら、いわゆる買取制度といって、不動産会社に直接売却するという手段もあります。市場に流通している価格に較べるとずっと安値になり、オトクとは言えませんので、あくまでも検討が必要です。しかしある意味、期間内にすみやかに不動産を売却可能という意味では一番良い選択ではあります。知っておいて損はないことですが、自宅を売ろうとする際に大切なことは、急な内覧予約がきても良いように、普段から整理整頓を心がけて過ごすことでしょう。そもそも家を見たいという人は、その家に対して関心があるわけですが、じっくり見たときのマイナス評価が多ければ、到底買う気が起きないでしょう。ですから室内清掃は普段より念入りに頻繁に行う習慣をつけましょう。家を売ったら所得税を払わなければいけないのでしょうか。どれだけ利益が得たかによります。購入費を超えた価格で売れて売却益が出たなら、所得税の支払いが生じますし、反対に購入時より安値になってしまったら所得税、住民税のどちらも支払わなくて済みます。また、売却価格が購入価格を大きく上回ったとしても、3000万円以下の譲渡所得でしたら、面倒でも確定申告をきちんとしておくと、原則として所得税は支払わなくて済むのです。住民税にも関わるので覚えておいてください。正式に家の売買契約を交わすとなると、書類一式の準備は不可欠です。登記済権利証ないし登記識別情報、毎年4月頃に届く固定資産税納税通知書は、不動産取引では欠かせません。更に一戸建てや土地なら測量図、所有者が転居していたら戸籍の附票など、必要書類というのは変わってきます。書類については仲介を担当する不動産業者から連絡が来ますから、どんどん先に取得しておくと、手続きに要する時間を短縮することができます。住宅ローン減税導入後、夫婦のどちらも働いている家庭では、夫婦共同名義で住宅を購入する例も昔より増えています。その一方で共同名義であるがゆえの不便さも忘れてはいけません。複数の方が所有している不動産を売却する際は、共有名義人全員の許可をとらなければ取引は不可能です。家を処分する理由として珍しくないのが「離婚」ですが、共同所有者である二人が今後の対応をよく話し合っておかなければ、家の売却もままならず、揉める事態にもなり得るのです。不動産会社でなくても、家の売買相場の目安をウェブ上で確認することは可能ですし、利用しない手はありません。「土地総合情報システム」は、国の地価公示額を掲載しているので嘘偽りがなく、過去に行われた不動産取引の実績から地目、土地種別、住所、前面道路幅員といった詳細な情報を検索できます。過去ではなく現在の物件情報が欲しければ、不動産会社の運営する情報サイトでも見ることができますから、同等物件等を参照すれば市価を想定できます。人が住んでいた家を売る際は、物件引渡し前のホームクリーニングは特に契約書にその記載がなければ、必須事項ではありません。多くは家庭における清掃レベルでOKですが、買い手側から要望されることもあります。そういった場合は不動産業者の担当者とよく相談し、プロに依頼するかどうか、どの程度までやるか等を考えましょう。住宅を売る際に権利書がもし見つからないときは、どうなるのという質問は意外とよくあるものです。実際のところ、権利書がないと売買はできませんし、書類を再度発行してもらうこと事体、不可能です。そんな八方塞がりの状況を打破する手段は、あるといえばあります。代表的な方法として司法書士による本人確認があり、所有者の本人確認情報を作成してもらうのです。共有名義の場合は全員分揃わなければ売ることができません。しかし日にちがかかる上、費用も3万から7万円くらい見ておかなければいけませんから、権利書(登記済証)の取扱いには注意しましょう。住宅売却の一般的な手順というと、仲介する不動産会社を選び、家の評価額を査定してもらい、売り値を決め、媒介契約書にサインし、販売活動、見学者が来て、買手の価格交渉等に応じ、業者立ち会いの下で売買契約をして、引渡しと代金の精算を行い、売買が終わります。気になるのは売却終了までの期間だと思いますが、仮に媒介契約までが数日で済んでも、そのあとの売出期間の長さにもよります。業者との媒介契約は3ヶ月間と決まっているので、一度契約をしなおしたとして、6ヶ月以内が勝負でしょう。確定申告は国民の義務であり、年間所得を計算し税額を申告するものです。予定納税をしている人や会社員で源泉徴収されている人については、差額を算出し、精算することになります。給与以外にいわゆる譲渡所得、家などの不動産を売った収入も申告する必要があります。所有期間5年以下の不動産は税率が40%、5年超でも譲渡所得の2割は税金に消えてしまいますから、負担は覚悟しておきましょう。家を売るなんて一生に何度もあるイベントではありませんから、いったいどのようにして家を売るべきか判断がつかない方も多いはずです。不動産売買のファーストステップとして、ネット環境があればまず、不動産関連の一括見積りサイトを利用して、現時点での見積りを複数の業者に出してもらいましょう。その中から査定額が高いだけでなく信頼できる会社を選び、売るために必要な一連の業務を委託する契約を結びます。内覧、価格交渉などを経たのちに、支払いと登記変更を済ませれば売却終了です。譲渡所得というのは資産の売却により得た収入を指すので、住宅売却で入った収入ももちろん譲渡所得の一部です。所得ですから当然、所得税と住民税の対象ですが、給与などの所得とは合算せず、別の計算方式を適用します。一般に不労所得の税率は高いと言われますが、譲渡所得の場合、不動産の所有期間が5年超になるとそれ以前に手放すよりも低い税率が適用されます。これから家を売りたいとお考えでしたら、こうした税の軽減制度があることを理解して売り時を考えるのも良いかもしれません。建物の築年数が古い場合は、売るなら更地にしたほうが良いのではと悩む人も少なくありません。しかし、一概にそうとも言い切れません。古い家に対する考え方は近年変化しつつあり、みずからの手で修繕や改造を行いながら住むというのは雑誌で特集が組まれるくらいですし、転売目的に中古を買い、リノベーションを行った上で価格を上乗せして販売するのを専門にしている業者も多いですから、手の届く中古というのは意外にも魅力があるのです。住宅を売却する際、仲介業者の手を借りずに個人対個人で済ませることもできないことはないのでしょうが、専門的な裏付けもなく売買すると権利や金銭面で揉めたりする可能性もあります。不動産の取引というのは事前調査のもとで事細かな条項を盛り込んだ契約内容とするのが基本ですし、もし、契約書に明記すべきことをうっかり書きもらしてしまったりすると、法的なトラブルに発展することもあります。ノウハウと実績のある専門業者に依頼したほうが安心ですし、ストレスも軽減できます。細かい手間や労力を数え上げるときりがありませんが、そのほかに不動産業者に仲介手数料として売主が支払うべき金額は、住宅を売る際にネックになる可能性もあります。手数料の額は法律で定められているものの、取引された額によっては手数料だけで100万円前後になるでしょう。そのほか、家を売ったことにより収入があれば、譲渡所得扱いで所得税及び住民税がかかることがあります。転居費用も必要ですし、相応の出費は避けられないでしょう。居宅を処分する際には、売手がしておくべきポイントをきちんと抑えておくと評価額が上がることもあると覚えておきましょう。特に効果的なのは点検と補修でしょう。それほど古くない家でも人が使った分だけ家というのは確実に老朽化が進みます。きっちり点検して、丁寧に使っている様子が窺えるよう修繕しておきましょう。次に大事なのはお掃除です。いつもはしないところでも時間をかけて磨き上げることで家の印象は変わります。出来ることはしておく。ただそれだけのことですが、その集積が買い手にアピールする力は意外と高いのです。ソーラー発電システムを備えた家の売却では、太陽電池モジュールをどうするか気になりますよね。簡単にいうと、パネルもエアコンなどの設備同様、新居のほうへ引越しさせることができます。しかし専門業者を手配する必要がありますし、移転再設置にはお金もかかるわけで、実際には手放されるケースのほうが多いです。ソーラー発電システムを手放す手続き自体は非常に億劫かもしれませんが、転居先に据付できるだけのスペースがないということもあるわけで、そうなると家と共に残していくほかありません。家や土地を売る際は、とりもなおさず同種の物件相場を知るべきです。いかに元値が高額であろうと、常に変動しているのが不動産価格です。バブル的な好景気ならまだしも、在庫過剰になれば安くなるのは不動産業界も同じで、相場より高い物件を買う人はまずいません。現在の相場の動向を知り、「売れる」価格設定にしなければ家や不動産は売れません。目安を知るにはマンション戸建等を一括査定するサイトが便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です